BEC BLOG

≫ EDIT

キアヌ・リーブス ラーメン屋に現る!

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170614-00000083-sasahi-ent
より全文抜粋


キアヌ、やっぱりラーメン屋に来店! 
映画「ジョン・ウィック:チャプター2」でのキャンペーンで来日中の俳優、
キアヌ・リーブス(52)が14日、
東京・赤坂のラーメン屋「九州じゃんがら」に現れた。

キアヌはラーメン好きで知られる。
来日のたびに突然ふらっとラーメン屋に現れ、
居合わせた人々を驚かせていた。

店には、チャド・スタエルスキ監督や
関係者と共に6人で午後2時頃に入店した。

店内に居合わせた客は、
突然のハリウッドスターの来訪に驚いたという。

キアヌは、同店オススメメニュー
「こぼんしゃん全部入り」(1180円)と
生ビール中ジョッキを頼んだ。
細麺で、スープは豚骨のこってり味。
さらに角煮、味玉、熊本マー油やめんたいこなどが入っている。
関係者によると、事前にリサーチしてからこの店を選んだという。
キアヌは筋金入りのラーメン好きだ。

対応した田村忠博店長は「キアヌさんは、『good!!』って言ってくれました。
店内のお客さんの写真リクエストにも気軽に応じていました」と様子を教えてくれた。

古くは2005年には大阪の「古潭」、
最近では2015年の来日時に
東京・西麻布の「五行」でラーメンを楽しんでいる。

田村店長に、キアヌに何かラーメンについてアドバイスとかありますか?と尋ねると、
「ラーメン通であるキアヌさんに私から何か言うことはありませんよ。
また来日された時にはぜひお越しになってください」と笑った。

13日には、TOHOシネマズ六本木での映画
「ジョン・ウィック:チャプター2」のジャパンプレミアムイベントに登場した。
黒色の上下スーツで颯爽と登場したキアヌだったが、
移動や仕事の疲れからなのか、はたまた、ラーメンを食べたくて仕方なかったのか、
イベント終盤では少し元気が見られなかった。
しかし、日本でこってりラーメンを食べて満足な気分で帰路につくに違いない。


キアヌ・リーブスを初めて知ったのは
「スピード」という映画だった。
かっこよかった!

ジョン・ウィックも好きな映画作品の一つ
PART2も楽しみです。

そんなキアヌと一緒にラーメン屋巡りをしたい
と思っている今日この頃です!

| 2017年麺ライフ | 23:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スクールコンサルテーション(兵庫県)

今日は中学校でスクールコンサルテーションがあり
そのために短縮授業にしていただいて
「職員研修」という形でほぼ全員の先生方に
ケースについてお話を聞いていただき
質疑応答をさせていただきました。

協力的でありがたい学校に心からの感謝です。

このような学校が1校でも多く増えていくことで
子どもたちの行動を客観的に見て解決する視点を
もっていただければこれほど嬉しいことはないです。

本当にありがとうございます☆

| セッションの出来事など | 19:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カフェイン中毒、5年で101人搬送

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000067-asahi-soci
より全文抜粋


カフェインを多く含んだ眠気防止の薬や清涼飲料による中毒で、
2011年度からの5年間に少なくとも101人が病院に運ばれ、
うち3人は死亡したことが、日本中毒学会の実態調査でわかった。

ほかにも重大事故が起きており、
若者を中心に「乱用」されている可能性がある。

カフェインは興奮作用があり、短時間に大量摂取すると
吐き気、心拍数の増加、興奮などの中毒症状が現れる。
個人差が大きいが、成人では1グラム以上で
症状が出る可能性が指摘されている。

文部科学省の日本食品標準成分表によると、
コーヒーには100ミリリットル当たり0・06グラム、
煎茶には同0・02グラム。
広く使われている市販の眠気防止薬には1錠0・1グラムほど含まれ、
かぜ薬や若者を中心に人気の炭酸飲料「エナジードリンク」にも使われている。

深夜勤務に就いていた九州の20代男性が、
エナジードリンクとカフェイン製剤を一緒に飲み過ぎて
死亡する事故が15年に報告された。
その後も、急性中毒で病院に運ばれるケースが相次ぎ、
学会が初めて実態調査した。

調査に協力した全国の38救急医療施設に搬送され、
カフェイン中毒と分かったケースを集計した。
患者は11年度10人、12年度5人だったが、
13年度は24人に急増。
15年度は37人だった。

計101人中97人は眠気防止薬を使っており、
7人が心停止、うち3人が死亡。
心停止した人はいずれもカフェインを6グラム以上取っていた。
エナジードリンクだけの中毒は4人だった。
患者の年齢の中央値は25歳で、18歳以下が16人いた。

調査した埼玉医科大の上條吉人教授は
「激しい嘔吐(おうと)や動悸(どうき)で非常に苦しむ症例が多い。
自殺目的の過量服用もあるが、
眠気覚ましのために乱用しているケースもある」と指摘する。


ようするにカフェインを飲みすぎたらあかんよ!
ということですな。

カフェイン飲んでも眠い時は眠いものです。
(上村が実証済み!)

ねれる時は寝ましょう。

寝溜めなんてできないんですから!

| 健康 | 21:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

加熱式たばこ

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6242899
より抜粋


火を使わず、煙や臭いが少ない「加熱式たばこ」を
紙巻きたばこと同様に禁煙の対象とするかどうかで、
飲食店や自治体の対応が分かれている。

加熱式の位置付けを規定するはずだった
受動喫煙防止強化の法案提出が
今国会で見送られる方向となり、
当面は個別の判断にゆだねられる。

禁煙推進団体などが対策を求める一方、
たばこメーカーは「健康上のリスクはあるが、
有害な化学物質はほとんど検出されない」
と紙巻きとの違いをアピールしている。(京都新聞)


健康上のリスクがあるなら
なくせばいいのに(笑)

| 健康 | 19:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熱中症の意外な誤解

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000030-mai-soci
より全文抜粋


汗ばむような日が続き、夏が迫っていることを実感する季節になった。
気温が高くなると、注意しなくてはならないのが熱中症だ。
危険な発生場所や時間帯、治療法などについて、
さまざまな情報があふれているが、間違った理解をしていないだろうか。

帝京大医学部付属病院の三宅康史・高度救命救急センター長に
熱中症の正しい知識について聞いた。【医療プレミア編集部・藤野基文】

◇危険な「時間帯」「場所」の誤解

「熱中症には、いくつかの誤解がある」。
三宅センター長は、そう指摘する。

まず、熱中症になる危険のある時間帯だ。
熱中症による死亡者の割合は昼間が6割で夜間が4割。
このため、夜間も熱中症発症の危険が高いと思っている人が多い。
しかし、治療を続けて最終的に夜間に死亡したというだけで、
発症しているのはほとんどが昼間だ。

二つ目の誤解は「場所」に関するものだ。
発症場所の1位が居間、2位が寝室、3位がトイレとの統計があるため、
それらが発症の危険性が高い場所だと思われている。
しかし実際には、居間は生活時間が長いため自然と発症者が多くなり、
寝室の発症が多いのも熱中症で体調が悪ければ横になって休む人が多いため。
トイレも用を足している間の短時間で熱中症になることはなく、
体調が悪くなり、トイレで吐いたり、座っていたりしていて、
そのまま倒れてしまうだけだという。

また、異常死体が出たときに解剖して死因を調べる東京都監察医務院によると、
2010年7月17日~8月6日の
熱中症での死亡者は、95.8%が住居内だった。
家の中の方が熱中症のリスクが高いように思える。
しかし、屋外で熱中症にかかって倒れた場合は、
発見されて救急車で運ばれ、病院で死亡することが多い。
このため死因がある程度調べられているので、
監察医務院にはほとんど運ばれない。
現実には若者の熱中症患者のほとんどが
スポーツや肉体労働の最中に屋外で発症しており、
高齢者が日常生活の中で発症するケースは屋内と屋外が半々だという。

◇高齢者と若者で異なるタイプ

高齢者に多いのは、じっとしていて発症する「非労作性熱中症」。
これは、1日だけ暑い日があっても発症することはない。
熱波で昼も夜も暑く、室内の温度と湿度の高い日が続いた時に、
徐々に進行して発症する。
熱中症の死亡例のほとんどを占めるのがこのタイプだ。
治療に時間がかかり、後遺症が残ることも多い。

一方、若者に多いのが、スポーツや屋外での肉体労働によって発症する「労作性熱中症」だ。
筋肉運動は大量の熱を作り出すが、暑い中で運動を続けると
体外への熱の発散が追いつかなくなる。
このタイプの死亡例は、スポーツや肉体労働を開始した
初日の発生が圧倒的に多いという。
暑さに体が慣れていないためで、
1~2週間かけて徐々に軽い運動や肉体労働で
体を慣らすことが重要だ。

◇応急処置はどうする?

病院に運ばれてきて回復する熱中症患者の多くは、
2日目には退院できるが、死亡する患者は、
医師も全く手が出せない状態で運ばれてくるという。
生死を左右するのは、体を冷やし平熱に戻るまでにかかった時間だ。
短ければ回復しやすく、長いと回復が難しい。

そこで重要なのが発症現場で行う応急処置だ。
三宅センター長は、
Fluid(水分補給)
Icing(冷やす)
Rest(安静にさせる)
Emergency call(救急車を呼ぶ)
--の四つを挙げる。
覚え方は「FIRE」。
ただし、行う順番は逆からで、まず救急車を呼び、
患者を涼しい所に運んで服を緩めて安静にさせ、
首や脇の下や太ももの付け根を冷やして、
できれば水分補給をさせる。

◇条件がそろえば誰でも発症

熱中症は三つの要素が重なると発症する。
まず、高い気温や湿度、熱波、閉め切った室内などの「環境」。
そして、下痢やインフルエンザでの脱水状態、
二日酔いや寝不足の体調不良、持病などの「体」。
そして、激しかったり慣れなかったりする運動、
長時間の屋外作業、水分補給がしにくい状況などの「行動」だ。

毎年6~9月に35万~40万人が医療機関で熱中症の診断を受けている。
2010~14年のデータでみると、
熱中症と診断された患者に占める入院患者数と死亡数の割合は、
年々少しずつ下がる傾向にある。
三宅センター長は「熱中症について啓発は進んできていると思われる。
しかし熱中症で病院に運ばれてくる患者の多くが
『まさか自分がかかるなんて。昨年は大丈夫だったのに』と話す。
条件がそろえば誰でも発症する危険があることを忘れないでほしい」
と注意を呼びかけている。


熱中症の季節がやってまいりました!
極力日陰で過ごす
水分を取る
は熱中症にならないマストです!

皆様気をつけてくださいね。

| ふと思ったことなど | 17:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT