BEC BLOG

≫ EDIT

コカ・コーラ フローズン レモン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00010002-ssnp-bus_all


コカ・コーラシステムは、夏にぴったりの冷たい刺激と新しい食感を楽しめる、
「コカ・コーラ」史上、世界初の容器入りフローズン飲料の
「コカ・コーラ フローズン レモン」
(125gパウチ、税抜130円)を4月16日から全国で発売する。

同製品は、パウチごと凍らせ、揉みながらシャーベット感覚で
飲む容器入りフローズン飲料で、クリーミーなシャリシャリした食感が楽しめる。
レモンのアクセントもポイントという。

なぜ、フローズン飲料の開発に着手したのか。

日本コカ・コーラの島岡芳和コカ・コーラグループ統括部長は、
「夏に最高においしい“コカ・コーラ”を楽しむ体験を追求してきた。

2014年に、氷のボトルに“コカ・コーラ”を入れて飲む
“氷のコンツアーボトルキャンペーン”を、2016年には、
開栓するとフローズン状になる“アイスコールド コカ・コーラ”を展開するなど、
氷点下の温度帯で“コカ・コーラ”を楽しんでいただく施策に取り組んだところ、
お客様からの反響がわれわれの想像以上に大きかった。

そのため、“凍る”というコンセプトと、“コカ・コーラ”の組み合わせは、
もっといろいろなバリエーションで新しいおいしさが作れるのではないかと考え、
新しいフローズン飲料の開発を本格的に進めた」と話す。

「コカ・コーラ」史上初のフローズン飲料
“シャリシャリ食感”実現に構想から8年

〈70種類の成分を検証、100近い試作品を作って技術的制約をクリア〉

同商品は、最初の構想から商品化に至るまでに、
技術的な制約があったため8年かかったという。

島岡部長は、「通常の“コカ・コーラ”を、そのまま凍らせると
解凍する際に二酸化炭素が気体となるため、
その圧力で破裂してしまう危険がある。
そういったことがないように、炭酸がなくても
“コカ・コーラ”の冷たい刺激をどうやって
おいしく楽しんでいただくかを考えた。

最初は、カチカチに固まって溶けないという課題に直面し、
次にシャリシャリしたシャーベットの食感を実現するために何度も挑戦した。
70種類以上の成分を検証し、100近い試作品を作って商品化に至った」と話す。

工夫したポイントは原材料の成分のバランスを調整し、
液体が凍る温度のコントロールを行ったことで、
全体が凍る凝固点を少し下げてゆっくり凍らせ、
シャリシャリの食感が楽しめるようにしたという。

氷菓市場は成長しており、同社の分析によると
フレーバーの違いを楽しむというニーズから、
最近では食感を楽しむというニーズが生まれているという。
また、アイスクリームの容器について潜在的な生活者の不満点を考えた際に、
一度開けると残しておけないことや、手が汚れることなどがあったため、
同社は新商品で顧客のニーズに応えていく。

「アイスクリームを競合とは思っていない。
どちらかというと新しい飲用体験の創造がねらいだ。
“コカ・コーラ”の楽しみ方に面白い体験をプラスしていきたい」(島岡部長)。

なお、同日には、「ファンタ フローズン グレープ」と
「同 オレンジ」(同)も同時発売する。
「ファンタ」のフルーティーさがシャーベット感覚で味わえるという。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

コーラといったらペプシもコカコーラもありますが
やっぱりコカコーラが一番好きです。

しかも瓶のやつ!

これ今日から発売なので
早速ゲットして飲んでみたいと思います!

| 新商品コーナー | 15:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10~20代、「車買いたくない」5割超

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000509-san-bus_all
より全文抜粋


日本自動車工業会(自工会)が9日発表した
平成29年度の乗用車市場動向調査によると、
車を保有していない10~20代の社会人などのうち
購入したくない層が5割を超えた。

一方でレンタカーやカーシェアリングには関心を示し、
車の維持管理費などに負担感を感じ「所有」に
こだわらない若者が増えている傾向が浮き彫りになった。

自工会は若年層の意識を探ろうと、大学生を含む
10~20代を対象にウェブで調査を昨年行った。

回答した1千人のうち、車を保有していない800人に
購入する意向があるか尋ねると「買いたくない」が
前回の27年度調査比1ポイント増の29%。
「あまり買いたくない」(25%)と合わせると54%に達した。

買いたくない理由を複数回答で聞くと
「買わなくても生活できる」が33%と最多。

これに「駐車場代など今まで以上にお金がかかる」(27%)、
「お金はクルマ以外に使いたい」(25%)が続いた。

また、非保有者のうち購入意向のある366人に
関心のある車の利用方法を尋ねると、レンタカーが最も多く71%。
複数の人が同じ車両を共同利用するカーシェアは51%を占めた。

++++++++++++++++++++++++++++

昔は
「デカイ車に乗りたい」
とか
「かっこいい車に乗りたい」
とか言ってたものですが
平成生まれの子たちはあまり欲がないようですね。

確かに車の所有は維持費がかかるし
なくても生活できるエリアに住んでいれば
いらないといったらいらないです。
その分を他にまわす。

堅実といったらそうなるのかもしれませんし
車に対してあまりバリューを感じないのかもしれません。

車は1台くらいは所有しておきたいと
思ってしまいます。

上村は車1台、バイク1台、自転車1台を所有していますが
全て駐車場、駐輪場代がかかるので維持費が大変です。。。

| ふと思ったことなど | 12:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出国税始まる!

2019年1月に導入する国際観光旅客税(出国税)

日本人、外国人ともに1回の出国につき1人1000円を徴収される。

まあ税金だから仕方ないけど
これによっての悪影響は受けることはないと思います。

| トラベル | 14:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

100歳超えても元気!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000081-jij-soci
より全文抜粋


北海道足寄町に住む112歳の野中正造さんが10日、
世界最高齢の男性として英ギネス・ワールド・レコーズ社に認定され、
自宅でもある同町の温泉旅館で公式認定証を授与された。

野中さんは1905(明治38)年7月25日生まれ。

阿寒摩周国立公園内にあり、雌阿寒岳を望む温泉旅館の2代目で、
義理の娘徳子さん、孫の祐子さんと暮らしている。

報道陣の取材に応じた正造さんは「ありがとう」と笑みを浮かべた。

家族によると、毎日のように新聞に目を通し、
自身の長寿ぶりが紹介された記事をうれしそうに読む。

甘い物が大好きで、まんじゅうやケーキなど
和洋問わず楽しんでいるという。

祐子さんは「自宅で元気に過ごしていられることが何より。
長生きを家族で喜べることに感謝したい」と語った。

10日に町民栄誉賞を贈った足寄町の安久津勝彦町長は
「(正造さんは)町の生き字引で、
町史の誤りを指摘していただいたこともある」と話した。

ギネス社では、これまで記録を認定していたスペインの男性が
今年1月に113歳で死去し、調査を始めていた。 

++++++++++++++++++++++++++++

100歳になってもスイーツ食べて、会話ができて
元気なことは大変に素晴らしいこと!

明治生まれで昭和、平成と生き抜いてきたのがすごい
まだまだ長生きしていただきたいものです。

| 健康 | 09:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

認知症による犯罪

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6278566

裁判で刑事責任を問われた被告に対し、
認知症を理由に無罪としたり、
量刑を軽くしたりする判決が近年目立つ。

神戸地裁は2月、スーパーで豚肉を盗んだとして
窃盗罪に問われた神戸市灘区の男性(87)に
無罪を言い渡した。

男性は、逮捕後の簡易鑑定で
「極めて軽度な症状」とされ起訴されたが、
起訴後の詳しい鑑定では、
物忘れなどが進行した「アルツハイマー型認知症」による
重度の記憶障害と診断された。

専門家からは、起訴前の
新たな鑑定法を求める声が上がる。
(田中宏樹)(神戸新聞NEXT)

++++++++++++++++++++++++

「認知症」による故意的ではない犯罪がゆえにの無罪。

仕方がないとしか言いようがない。

認知症になったらそしてすぐに色々なことを忘れるようになったら
生活することが大変になってくるし周りに迷惑もかけてしまう。

認知症にはなりたくないが
予防はできても100%ならないなんてことはない。

だからこそ認知症になったらどうするか
今から色々と考えてしまう。

| 健康 | 10:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT