BEC BLOG

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

父が癌になりまして。。。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00000000-mai-soci
より全文抜粋


国立がん研究センターは9日、がんと診断された人を、
治療によってどの程度救えるかを示す「5年相対生存率」について、
がん治療拠点の約半数にあたる全国188の病院別データを初めて公表した。

肝臓、肺がんの生存率はばらつきが大きい一方、
乳がんは比較的小さかった。
同センターは「病院ごとの特徴を読み取り、受診の参考にしてほしい」と話している。

2008年にがんと診断された人で、
全国の「がん診療連携拠点病院」など425病院のうち、
患者の生死を90%以上把握している209病院の21万4469症例を分析した。
このうち、188病院が個別データの公表に応じた。

病院別に、患者の多い主要5部位のがん(胃、大腸、肝臓、肺、乳房)の5年生存率をはじめ、
患者の年代、がんの進行度を示す病期(ステージ)ごとの患者数などが公表されている。
ただし生存率は、治療開始時のがんの進行度や年齢などが考慮されておらず、
治療の優劣を示すものではない。

肺がんは、最も高い5年生存率だった病院が68.9%だったのに対し、最も低い病院は2.3%だった。
他の部位と比べステージにより生存率の違いが大きいためで、
ステージの進んだ患者は、地域の中核病院に集まる傾向があることなどが考えられる。
肝臓がんも71.6%から15.8%と開きが大きかった。

一方、乳がんは最も高い病院で100%。
最も低い病院でも81.7%と公表した全病院で80%を超えた。

患者数が最も多い大腸がんは、高齢になるほど治療を控える傾向が高く、
最も進行したステージ4では、85歳以上の36.1%が「治療なし」だった。

病院別の生存率の公表は患者団体からの要望などに基づくもので、
同センターの若尾文彦・がん対策情報センター長は、
今回の集計結果を「患者さんの病院選択に資するものにはまだなっていない」としながらも
「病院ごとにどういう患者さんが多いのか、
それによってどのような治療成績が出ているのか参考にしてもらえるものが出せた」と話した。【野田武】

集計結果は国立がん研究センターが運営するウェブサイト
「がん情報サービス」内で公開されている。
アドレス=http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/hosp_c_reg_surv.html

◇5年相対生存率

がん医療の分野で、治療効果を判定する重要な指標の一つ。
がんと診断された患者が5年後に生存している確率(実測生存率)を、
一般の日本人全体が5年後に生存している確率で割って算出する。
実測生存率から、がん以外の他の病気や事故によって死ぬ割合を取り除いているため、
治療でどのくらい生命を救えるかの目安になる。
数値が大きければ治療で生命を救える可能性の高いがん、
小さければ生命を救うのが難しいがんだと言える。


先月肺がんとリンパ節に転移ということを父に聞かされて。
ステージ3A/3Bということらしく
今週から抗がん剤治療のため入院しています。

どこまで良くなるのかはわかりませんが
唯一の家族なのでできるだけ長生きしてほしいです。

| 健康 | 19:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

研修医自殺

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6249954
より抜粋


都内の総合病院で産婦人科に勤務していた30代の男性研修医が、
おととし、自殺したのは、長時間労働が原因だったとして、
労働基準監督署が先月31日、労災を認定したことが分かりました。


「自殺」
しようかと思ったことはある。
でも生きていて良かったと思う。

せっかく医学部を卒業して医師になれたのに
親も本人もこれでは後悔しかない。

自殺するまえに
たくさんの人に相談してほしい。
そして決断してほしい。

自殺するだけの価値があるのかどうか。
今の状態を変えることで自殺しなくてもいいならば
その状態を変えてほしい。

いずれ生きていたら死ぬんだし
その時までは生きていてほしいと思う。

病気で苦しむのなら死んだほうがいい
そう思う時は仕方がないと思う。
「尊厳死」も大切だと思う。
でもそうでもない場合は今一度考えてほしい。
生きてて楽しいことはたくさんあるから。

| 健康 | 21:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

難病患者が病院閉鎖で転院先がない

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000095-san-soci
より全文抜粋


平成30年3月末で別の病院と機能統合し、
閉鎖される大阪市立住吉市民病院(住之江区)の入院患者のうち、
閉鎖後の受け入れ先が決まらない難病の男児がいる。

先天性の代謝異常疾患の一種「ゴーシェ病」を患う堺市の山崎凛大(りお)君(5)。
24時間体制の医療ケアが必要で長期入院している。
同病院はこうしたケアが必要な重症児の病状が安定し、
在宅や施設に移行できるまで預かってきた。
しかし閉鎖に伴い、この役割が失われるとともに、
他の病院も難色を示しているため受け入れ先が見つかっていないのだという。(南昇平)

今年3月の誕生日、凛大君は初めて堺市内の自宅に戻った。
ベッドに寝たままで主治医らが同行。
わずか3~4時間の滞在だったが、兄(8)は誕生祝いのケーキを食べさせるまねをするなど、
弟とふれ合った。母親は「入院中は長男(兄)は凛大とほとんど会えないので、うれしそうだった」と振り返った。

◆24時間医療ケア

凛大君は生後5カ月ごろに呼吸が苦しくなる症状が始まり、
その約1カ月後、唾液が気道に入って高熱を出し肺炎になりかけた。

住吉市民病院に入院し、その後、肝臓と脾臓(ひぞう)が腫れる肝脾腫の症状が出たため、
検査のため大阪市立総合医療センター(都島区)へ転院。
国内では患者数が150人に満たない難病で、肝臓・脾臓の腫れや血小板の減少、
骨病変などを引き起こす「ゴーシェ病」と診断された。

凛大君は特に症状が重いII型で、進行が速く、体の震えやけいれんなどの中枢神経症状を併発。
主治医の川又攻医師は「かなり重症で、24時間体制で医療的ケアが必要だった」と話す。

1歳になる前にのどの気管を切開して呼吸器をつけ、胃瘻(いろう)で栄養をとっている。
しかし進行を止める薬はない。
強いけいれんで何度も骨折を繰り返し、痛みと闘ってきた。

「起きているとしんどいようで、薬が効いて眠っている凛大の顔を見て、
いつも『がんばったね。ゆっくり眠ってね』と話しかけている」と母親。
飲み込むことが困難なため、持続吸引で唾液の気管への流れ込みも抑えている。

◆他院にない特徴

実は、住吉市民病院はこうした長期入院を必要とする重症児の病状が安定し、
在宅や施設に移行できるまで預かっている。他院にはない特徴だ。

ただ、30年3月に府立大阪急性期・総合医療センター(大阪市住吉区)と機能統合し閉鎖。
府が国の同意を得た病床再編計画では、市民病院が担っている役割は、
同センターと市民病院跡地へ誘致する民間病院が分担して対応することとされたものの、
民間病院誘致の行方は不透明で、その役割の継承も見通しが立っていない。

住吉市民病院関係者が凛大君の行き先を探しているが、
大阪市立総合医療センターは急性期医療が主な役割であるため、長期入院は不可能。
堺市の民間病院も最近になって「検討したが困難」と回答してきた。
府立大阪急性期・総合医療センターも検討にとどまっている。

◆市長に訴え

7月中旬、住吉市民病院を視察した吉村洋文市長に対し、
母親は「この病院がなくなったら、この子は行くところがありません」と訴えたという。

乳児のころ、医師から「短命だ」と言われた凛大君は、
胃瘻を始めてから体が大きく成長した。
幼い命は懸命に生きようとしている。

両親や住吉市民病院関係者は
「病院それぞれの役割は国が決めたことなので仕方ないとは思うが、
市民病院は行政の都合でなくなるのだから、
何とか受け入れ先が見つかってほしい」と訴える。


病院が閉鎖するから転院先がないなんて
「しかたないから死んでください」
って言っているようなもの。
そんなのはおかしい!!!

受け入れ先が見つかってこれからも
治療が受けられることを切に願っています。

| 健康 | 19:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「子どもいる家は禁煙」条例

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000004-asahi-pol
より全文抜粋


小池百合子・東京都知事が率いる
地域政党「都民ファーストの会」は3日、
子どもの受動喫煙を防ぐための条例案を
9月開会の都議会に提出する方針を明らかにした。

子どもがいる自宅や自家用車の中、
通学路などでの禁煙について、
罰則規定を設けず、努力義務を課す案を検討中だという。

同会は7月の都議選の公約で受動喫煙対策を掲げ、
飲食店などの屋内を原則禁煙とすることや、
子どもがいる自宅や自家用車内での喫煙制限を条例で定めるとした。
このうち、まず子どもに関する部分を条例案として出す方向で、
内容を詰めているという。

一方、屋内禁煙は条例で罰則を定めて規制したい考えだが、
同会の増子博樹幹事長は3日、報道陣に「関係当局との協議が必要で時間がかかる」とし、
条例案の準備が9月開会の都議会には間に合わないとの見通しを示した。

都議会では、同会や公明党など小池氏の支持勢力が過半数を占めており、
条例案が提出されれば、可決される可能性が高い。


こどもが欲しいのであれば女性は喫煙するべきではない。
こどもがいる親は喫煙するべきではない。
こどもにかかる負担を考えたら
たばこを買わずにこどもの給食費や養育費にまわしてほしい。
大賛成の条例です!

| 健康 | 08:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

咳が始まった。。。

風邪からの咳が始まりました。

体調がすぐれない。。

咳が治らない。。。

この咳は一体いつまで続くのだろうか?
1ヶ月は続きそうな予感がする。

| 健康 | 19:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT