FC2ブログ

BEC BLOG

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1週間1kg減量ダイエット

1週間に1kg減量をするダイエット

始めました〜〜〜♪

理由は後ほどおしらせしますので
ブログチェックしてくださいね。

おそらく10月には報告できると思います!
(だいぶ先!笑)

| 健康 | 09:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「夜泣き外来」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000003-kobenext-sctch
より全文抜粋


赤ちゃんは夜中にしばしば目を覚ましてよく泣き、不機嫌になる。
このような睡眠障害が疑われる乳幼児を対象とした「夜泣き外来」が7月、
兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市西区曙町)に開設された。

発達障害の予防や早期発見にもつながるほか、
眠れない親の精神的負担を和らげて虐待防止にも効果が期待される。
全国的にも珍しい診療部門という。(佐藤健介)

乳幼児の睡眠障害は運動や言葉の発達を遅らせ、
注意欠如多動性障害(ADHD)やコミュニケーション障害、
自閉症に似た症状を示すことが報告されている。

医療が関わるべき問題だとして、
同病院子どもの睡眠と発達医療センター長の
菊池清医師(66)を中心に専門外来を立ち上げた。

対象は、夜中眠れずに何度も起きて泣く
▽ぐずってなかなか寝付かない
▽日中機嫌が悪い-といった症状に悩む4歳未満児とその母親。
睡眠リズムを記す問診票や、
抑うつ傾向を調べる自己評価票に記入して診療に臨む。

新生児期は昼夜の区別なく眠り、
授乳とおむつ換えで2~3時間ごとに目を覚ます。

また、7歳児以下の良質な睡眠時間の目安は
夜間連続で10時間とされる。

こうした通常の生体リズムを身に付けるための指導を行う。
具体的には、日中に外遊びをさせる
▽昼寝は午後3時まで
▽1歳までカフェイン禁止
▽スマートフォンを子守に使わない
▽寝る2時間前までに夕食と入浴を済ませる-などだ。

外来を担当する豊浦麻記子医師(45)は
「夜泣きに対し、行動科学的なアプローチや薬物治療は
あまりなされていなかった」と指摘。
自ら寝付く力を育むため、抱っこしたり
夜間に授乳したりしないように習慣の変化を促すほか、
必要なら睡眠に関わるホルモン「メラトニン」も投与する。
それでも効果が見られないケースや、
情緒不安定な母親が子どもを
虐げる恐れがある時などは入院治療する。

菊池医師は「睡眠は自己評価低下や自信喪失、不登校など、
発達における『2次障害』の予防につながる。
両親の睡眠障害を回避することにもなり、
家庭内の精神衛生を改善し、
児童虐待防止も期待できる」と意義を語る。

予約制。同病院TEL078・927・2727

ーーーーー以上ーーーーー

これは多くのメリットがありますね!

今後このような外来が1都道府県に
1つはできることを期待しています。

| 健康 | 11:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国内最高齢115歳

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000091-asahi-soci
より全文抜粋


福岡市に住む115歳の田中カ子(かね)さんが
今月、国内最高齢となった。
入所する老人ホームで27日、
取材に応じた田中さんは歩いて椅子に座り、
笑顔で話した。

「おいしいもん食べて、お勉強して、
遊びをして、これ以上ないです」


田中さんは、日露戦争が開戦する前の1903(明治36)年1月、
福岡県和白村(現福岡市)で9人兄弟の三女として生まれた。
第2次世界大戦では、夫や息子が出征。
男手がないなか、家業のもち屋を切り盛りした。

終戦後ももち屋を続け、63歳の時に隠居。
その後は、いとことハワイを訪れたり、
全国に暮らす子や孫らを訪ねて回ったりしていたという


13年前から老人ホームに入所する。
施設では「入所者のお母さん的存在」(施設の職員)。
103歳の時に大腸がんを患ったが、
飛行機で上京し、手術を乗り越えた。

その後は大きな病気をしていない。
周りの人たちとの会話も楽しむ。
日中は、施設内を手押し車で散歩している。
体の悪い入所者の体をさすって
「頑張りんしゃいね」と声をかけることもあるという。

長寿の秘訣(ひけつ)は「オセロ」
午前8時の朝食の後、施設の職員らと勝負するのが日課だ。
負けず嫌いな性格で、勝つまで何局も続けることもある。
甘い物が好きで、缶コーヒーや栄養ドリンク、
炭酸飲料をあわせて毎日3本は飲む。

27日の昼食。「おいしい、おいしい」とにこにこしながら、
ご飯やおかずを自分でもりもりと食べた。

何歳を目指したいかと聞かれた田中さんは
「あと5年くらいかな」と満面の笑み。
しきりに手を合わせながら
「みんなのおかげ。死ぬ気がせんです」と話した。

これまで最高齢だった横浜市の女性が今月22日に亡くなり、
田中さんが最高齢と認定された。(柏樹利弘)

ーーーーー以上ーーーーー

よく食べる
頭を使う
身体を動かす

これは健康の秘訣ですね!

そこに
よく食べる→美味しいものを食べる
頭を使う→楽しく頭を使う
身体を動かす→楽しみながら運動をする

こうなるとさらに身体が元気パワーで活性化して
長生きできるんだろうな〜と感じます。

かねさんの生き方にとても共感します!

次は120歳を目指して元気でいてくださいね。

| 健康 | 11:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

下痢が止まらない!

ネパール2日目から
ずっと下痢をしています!!!

インドでもらったのか
ネパールでもらったのか
何からもらったのか

全くもって謎です!

帰国日の翌日内科クリニックに行って
抗生物質と整腸剤をいただき飲んでいましたが
たまーに緩めの固形になったりはしましたが
超水下痢ではなくなったものの
まあまあ下痢は続いています。

恐ろしい国だ!

こんなに下痢が続くなんて。。。

いつになったら治るのだろうか?!

今月中にはなんとか回復してほしいものです。

皆様もインド、ネパールに行く際はお気をつけて。

今回は主治医の勧めで念のために
A型肝炎予防接種を2回受けました。

| 健康 | 09:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真夏の教育活動

https://news.yahoo.co.jp/byline/ryouchida/20180725-00090547/
を読んでのコメント


アメリカの大学は5月から8月までの3ヶ月間は
夏休みなのである。

その間に授業はもちろんあるので
単位を取れば取るほど卒業年数も短くなる。

インターナショナルスクールは日本の学校よりも
夏休みが2ヶ月ほどある。

日本の夏休みは平均的には4−5週間。

もっとあってもいいんじゃないか?

そして日本の夏は大人に対しては
お盆休みがある。

でも大人も夏休みを設けてもいいんじゃないか?

教育機関は特に生徒がいないんだから
先生は丸々新学期が始まるまでの間は
夏休みがあってもいいと思う。

ヨーロッパ諸国のように日本の労働者に
夏休み1ヶ月導入してほしい。

上村が8月の2−4週目に3週間半ほど
夏休みをとって海外で過ごす理由の一つが
これを自分が実行しているからである。

そのうち毎年8月は1ヶ月間
BEC自体がおやすみになるかもしれない。

夏は暑いから熱中症や夏バテなど
健康被害にもあいやすい。

だからこそ日本の教育も革命と大改革が
必要だと思う。

日本の教育を見直すよい機会がやってきた。

これをどう活かすか政治家たちよ。

| 健康 | 13:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT