BEC BLOG

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高学年のケース増加

ここ数年で小学校高学年〜成人にかけてのケースも増えてきました。
診断は受けていないけど

「自閉症スペクトラム」
「ADHD/ADD」
「学習障害」
に精神疾患が2次障害としてでてきたりと
タイプは様々ですが行動介入が必要な状態です。

たいていの場合共通していることは
生育歴を親御さんから聞いてみると
やはり小さい頃には上記のような症状が
すでにあるということです。

相談機関や医療機関に行っても
見過ごされるケースもやはり多いようです。

年齢を重ねれば重ねるほどに
介入時間も介入努力も大きくなります。

やはり乳幼児期からの介入を強くお勧めしますが
とくに問題がないと言われても違和感を感じられたら
介入しなければと考えてください。

そして介入してくれる専門家を探しましょう。

| ふと思ったことなど | 20:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT