FC2ブログ

BEC BLOG

2018年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

第54回公益社団法人日本精神保健福祉士協会全国大会(2日目)

分科会1-③ 子供にかかわる

スクールソーシャルワークにおける発達障害支援事例の実践報告

児童自立支援施設従事者に求められる役割からみる精神保健福祉士の可能性

母子生活支援施設における精神保健福祉士の役割

学齢期の子どもたちの生活実態とメンタルヘルス  ~福岡県A市におけるアンケート調査の結果から~

子ども虐待問題への精神保健福祉士の参画促進に向けた課題
~精神保健福祉士が在籍する医療機関への全国調査から~

スクールソーシャルワーカーの対応ケースにおける困難事例の調査報告


分科会2-② 司法ソーシャルワーク

医療観察法対象者への地域移行支援について~地域連絡協議会の実践から~

支援者を超える孫の存在~希望を持ち続けた退院支援~

刑事司法における福祉的支援(入口支援)の特徴と課題 ~弁護士からの相談依頼書の分類より~

刑事事件に関与した障害者へのソーシャルワークの検討
~入り口支援における精神保健福祉士としての価値に基づく実践~

司法現場における精神保健福祉士の実態と課題~司法精神保健福祉委員会報告~

に参加しました。

午前中はスクールソーシャルワーク
午後は司法ソーシャルワーク

どちらも興味があります。

医療保護観察対象の方が治療を受けて
その後の再犯率は1.8%のようで諸外国と比べると
かなり良い成績を残しているようです。
この中には薬物対象者は入っていません。

「入リ口支援」という単語も今回初めて知りました。

PSWの司法対象のクライエントにおいて
専門的に目指しているものは
「地域で安心して暮らすこと」の実現。

共生社会の中で生活をしていくことは
なかなか難しいことではありますが
1事例丁寧にリカバリーを目指して欲しいです。

来年の開催地は名古屋!
ですが。。。
日本行動分析学会と日程が被っているため
来年のPSW学会には参加できなさそうです。
再来年を楽しみにしています!

| 学会 | 17:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |