FC2ブログ

BEC BLOG

2018年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジェーン・ドウの解剖

ジェーン・ドウ=”身元不明の女性”を指す言葉

ある一家が惨殺された家の地下に埋められていた
裸の美女“ジェーン・ドウ”の死体。

彼女の検死を行うことになった、
検死官・トミー(ブライアン・コックス)と
息子のオースティン(エミール・ハーシュ) がメスを入れる度に、
その死体に隠された“戦慄の事実”が判明し、
次々に怪奇現象が発生する。

外では嵐が吹き荒れる中、
遺体安置所という閉ざされた空間で、
逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた……。

以上HPより抜粋
http://janedoe.jp


映画のロケーションは死体安置所のみ
決して出会ってはいけない死体
出会えば必ず死が訪れる
死体が死体を動かしていく
新しいタイプのホラー作品です!

| ドラマ・映画情報 | 11:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT