FC2ブログ

BEC BLOG

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

クレプトマニア(窃盗症)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00010001-nishinpc-soci
より全文抜粋


衝動的に万引などの窃盗を繰り返す精神疾患
「窃盗症(クレプトマニア)」の当事者が体験や心境を語り合う、
自助グループの活動が九州でも広まっている。

福岡市で昨年夏にグループが設立されたのに続き、
同11月には北九州市でも新たな団体が活動を始めた。

昨年は女子マラソン元日本代表選手が
窃盗症になっていたニュースも関心を集めたが、
専門的な治療が必要ともされる窃盗症に
対応できる医療機関は少ない。
自助グループで体験を語ることで罪と向かい合い、
回復を目指す当事者が増えている。

「窃盗の依存症に対する世間の目は厳しい。
地元にこのようなグループができて良かった」。
北九州市の自助グループに通う男性は話す。
当事者は市内で週1回集まり、
体験を語る90分間の「ミーティング」を行う。
発言に対して批判はせず「言いっ放し、聞きっ放し」が原則で、
本名を明かす必要もない。

当事者による自助グループ、全国に20以上

窃盗症治療に長年携わる「赤城高原ホスピタル」(群馬県)の竹村道夫院長によると、
当事者による自助グループは全国に20以上あるという。
他の依存症に比べ、窃盗症は精神疾患としての認知度が低く、
特化した自助グループも少ない。
一方、アルコールやギャンブル依存と異なり窃盗は犯罪行為のため、
当事者同士でないと過去の体験を話しづらい側面がある。

警察庁の統計によると、2017年に万引で摘発された
5万8634人のうち2割強に窃盗の前科があった。
17年の犯罪白書によると、窃盗の受刑者が2年以内に
窃盗などの罪で再入所した割合は約23%で、
覚せい剤取締法違反(約19%)など他の犯罪よりも高い傾向がある。

竹村院長は「窃盗症だとしても万引は犯罪。
本人に刑事責任能力はある」と強調した上で、
「犯罪だが病的要素が大きく、適切な治療が必要だ」と指摘。
自助グループの役割について「同じ当事者から実体験を聞くことで、
『自分も治療によって回復できる』と前向きになれる」と話す。

「ひどい時期は毎日盗んだ。回数は多すぎて覚えていない」。
窃盗症の治療で赤城高原ホスピタルに入院している患者たちは、
罪を繰り返してしまう実態を赤裸々に語った。

「盗む瞬間は怖いが、その後は爽快感」
万引を繰り返して3回逮捕された関東地方の20代男性は
コンビニで飲み物やデザートを、書店では小説を盗んだ。
繰り返すうちに不安や緊張もなくなった。
「お手洗いに行くのに何かを考えることはないでしょう。それと同じ」。
高校卒業後は契約社員として働き、経済的に苦しかったわけではない。
「自分の気持ちが分からない。
頭では『やめたい』と思っても本心は違うのではないか」と明かす。

3回逮捕、服役した中部地方の50代男性は万引するときの心境を
「ジェットコースターから降りるよう」と語る。
「盗む瞬間は怖いが、その後は爽快感がある」。
20代前半から日用品や食品の万引がエスカレート。
ストレス発散がきっかけだった。
3度目の逮捕は仮釈放された翌日。
刑務所を出るときから「どうすればうまく盗めるか」を考えていた。
「店に迷惑をかけ、逮捕されれば税金も無駄遣いするのに」。
罪悪感はあったがやめられなかった。

スーパーなどで罪を繰り返した関東地方の60代女性は4回目の逮捕後、
弁護士から「裁判より治療に専念を」と言われた。
入院後は毎日、当事者のミーティングに参加している。
「ここには私と同じ心境の人たちがいる。心が救われた」。
何度逮捕されても支えてくれる2人の子どもがいる。
「回復しないと、もう私の人生はない。変わった姿を子どもたちに見せたい」。
涙を浮かべ決意を語った。

ーーーーー以上ーーーーー

やめたくてもやめられない。
それは意思とかそう言う問題ではなく
精神疾患の一つなのだから
ただ万引きをしてしまう人とは違う。

クレプトマニアの治療はその患者さんたちの
未来をも変えることができるので
積極的に受けて欲しいと思う。

| ふと思ったことなど | 10:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |